アレルギー相談
府中市寿町小児科 まつおか小児クリニック|女医

〒183-0056
府中市寿町2-4-42 コープ府中寿町店3F

TEL:042-319-1020タップで
電話する

ご予約

アレルギー診療

アレルギー診療について

アレルギーイメージ

食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)などのアレルギー疾患の診療を行います。もちろん、お子様の症状がアレルギーによるものなのかどうかわからない、などのご心配事についてもどうぞお気軽にご相談ください。

アレルギーが疑われた場合、原因は何か(食べ物・ダニ・花粉など)、必要に応じてアレルギー検査を行いますが、検査の結果はあくまでも参考に、お子様の症状・年齢を考慮しながらどのような対応をするのが良いか適切にアドバイスいたします。アレルギー検査は血液検査のほか特に小さなお子様には負担が少なく済むよう皮膚テスト(プリックテスト)も行っています。

おもなアレルギー疾患について

食物アレルギー

乳幼児の食物アレルギーで多い原因(アレルゲン)は鶏卵・牛乳・小麦ですが、多くは2~3歳までに軽快していきます。まずお話をよく伺ったうえで、必要に応じて血液検査や皮膚テストを行い、安全を第一に必要最小限の除去を指導いたします。食物経口負荷試験(院内で食べさせて症状が出現するかを確認する試験)が必要となる場合もあります。重症なアナフィラキシー(全身性のつよいアレルギー症状)の恐れのある患者さんの食物経口負荷試験は入院が必要になることもあるため、専門施設へ紹介します。

食べて1~2時間以内にこんな症状がみられたら食物アレルギーの可能性があります。

よくあるのは口の周りに赤いぶつぶつができる、という症状です。これは最も軽い食物アレルギー症状で(中にはアレルギーではなく、皮膚に触れたことによるかぶれなどの場合もあります)、機嫌が良ければ様子をみて構いませんが、同じものを食べて繰り返し症状が出る場合ご相談ください。

以下のような症状があったら早めの対処が必要ですので、すぐ受診してください。
  • かゆみで機嫌が悪い、顔やからだ全体にひろがるじんましん
  • 急に出てきた咳や鼻水、ぜいぜいひゅーひゅー、呼吸が苦しそう、声がかすれる
  • 嘔吐、腹痛、下痢、ぐったり、意識もうろう

アトピー性皮膚炎

慢性的にかゆみのある湿疹があり、アレルギー体質を持っていることが多いのがアトピー性皮膚炎です。治療が不十分な場合、湿疹⇒かゆい⇒掻く⇒症状が悪化する、が悪循環となり、とびひ、みずいぼなどの皮膚の感染症も起こしやすくなります。かゆみのある湿疹は患者さんにとってもご家族にとってもつらい症状ですので、早めの治療をこころがけましょう。アトピー性皮膚炎治療の3本の柱は、①原因や悪化因子を取り除く ②スキンケア ③薬による治療です。なるべくきれいな皮膚の状態を保つことを目標に、お一人お一人に合わせた治療をご家族とともに考えていきます。

気管支喘息

気道とよばれる体の中の空気の通り道(とりわけ気管支という細い部分)がさまざまな刺激に対して敏感に反応し、気道が狭くなるため呼吸が苦しくなり、咳やゼイゼイヒューヒューという音がする状態(発作)を繰り返し起こす病気が気管支喘息です。発作を繰り返すことで気道には慢性的な炎症が起き、炎症が続いているとさらに発作を起こしやすくなると言われています。これはよく火事にたとえられています。火を完全に消さずくすぶった状態が残っているとまたちょっとしたきっかけで燃えやすくなる、このことと似ています。

発作で苦しい時には、狭くなった気道を広げる薬(気管支拡張剤)の内服や吸入がよく効きますが、これだけでは十分な治療とはいえません。発作のないときも慢性的な炎症に対する治療(予防治療)を続けることが重要です。慢性の気道の炎症がおさまり気道の内側がきれいになっていくと、風邪や冷たい空気などの刺激に反応しにくくなる、すなわち発作が起こりにくくなるのです。

予防治療では、患者さんの症状の程度に合わせて、内服薬や吸入ステロイド薬を使用します。また、気管支喘息の患者さんは室内のダニにアレルギーを持っていることが多く、家庭のダニをなるべく少なくする環境整備も大切です。